«ラウンド 1: Firestone Eric(埼玉) v.. 最新 ラウンド 2: 三田村 和弥(千葉) vs 渡辺 雄也(..»

LMC Championships 2010


ラウンド 2: 松本 悠希(東京) vs 武田 浩信(千葉)

Written by Takamasa Sato

1 BYE 明けのプレイヤーが参加する、ここからが本当の第一回戦と言っても過言ではないだろう。

LMC 常連の武田と、最近連続で PTQ、Finals 予選を抜けて絶好調の松本の一戦をお送りする。デッキは、松本がシェアしたエスパーカラー同型とのこと。お二人曰く「茶番」「最強デッキ対決」とのことだが、果たして。

Game 1

武田 浩信
武田 浩信

同型では大変重要なダイスロールの結果、松本先手。

松本、同型対決であることを加味して、悩んだ結果 1 マリガンを選択。武田は「キープ基準を満たす」と呟いてキープ。

第一ターン、松本の《コジレックの審問》で武田の手札が明らかに。4 枚の土地と、《破滅の刃》《精神を刻む者、ジェイス》《光輝王の昇天》から、《光輝王の昇天》が墓地に。

その後、互いにドローゴーが続き、土地だけが並ぶ。

土地が 7 枚に達したその時、武田は《深淵の迫害者》をプレイ。これが通る。

松本はこれを《糾弾》で処理するが、武田から 2 枚目の《深淵の迫害者》。松本は手札に《剥奪》があるものの、これを通す。

続くターン、松本は《コジレックの審問》。武田の手札から、《剥奪》を奪う。

松本は武田によるアタックを一度通してから、《審判の日》。これで、立っているマナは 2 つ。

武田は《地盤の際》で土地の片方を破壊し、松本を動けなくしてから《精神を刻む者、ジェイス》。二番目の能力で手札を充実させていく。

松本は《忍び寄るタール坑》をセットし、この PW への対処を準備する。

返しのターン、武田の《強迫》《剥奪》。さらなる《コジレックの審問》は通り、松本の手札が同型ではムダヅモである《破滅の刃》 2 枚と《深淵の迫害者》のみであることが明らかに。武田は安心して《忍び寄るタール坑》でビートを開始。

松本はせめてチャンスを作ろうと、《忍び寄るタール坑》《精神を刻む者、ジェイス》を破壊。

しかし、武田の手には二枚目の《精神を刻む者、ジェイス》。松本の手札が枯れていることは明らかであるため、1 番目の能力で山札のトップを縛る。

松本は《深淵の迫害者》をプレイ。

武田はこれを《審判の日》するが、松本は《マナ漏出》を引いていた。

しかし、武田は十分のマナを有しており、続く《天界の列柱》《破滅の刃》されて、松本は投了。

松本 0 - 1 武田


松本は除去と《深淵の迫害者》を抜き、《光輝王の昇天》への対応策である《漸増爆弾》《テューンの戦僧》を追加。

武田は《深淵の迫害者》を残して除去を減らし、《テューンの戦僧》を。

Game 2

松本 悠希
松本 悠希

先手、松本。両者キープ。

武田による《コジレックの審問》で松本のハンドが判明。土地 2 枚と《テューンの戦僧》《否認》に 2 枚の《マナ漏出》

と、カウンターたっぷり。ここから、《否認》が墓地に落ちる。

ふたたび、ドローゴーの時間。

置かれる土地には、お互いに《忍び寄るタール坑》《地盤の際》が含まれているため、盤面にも差はほとんどない。

先に動いたのは武田の《強迫》。松本はこれを《剥奪》

さらに数ターン後、武田が《深淵の迫害者》をプレイするが、松本は 2 枚の《マナ漏出》でカウンター。

これにより、武田のアンタップしている土地はわずか 2 枚に。しかも、青マナはない。松本は《光輝王の昇天》を設置し、一気に有利に。

続くターン、武田は《精神を刻む者、ジェイス》をプレイ。7 マナ残っている松本は、これを《剥奪》。武田、《否認》《精神を刻む者、ジェイス》は無事戦場に降り立つ。

武田、2 番目の能力を起動し、来るべき時のために、《テューンの戦僧》を山札トップに。これで、手札破壊を回避できる。

返しのターン、松本は《漸増爆弾》。これは通る。

武田は自らのメインで《コジレックの審問》。松本の手札は

《ミミックの大桶》《テューンの戦僧》《糾弾》

ここから《テューンの戦僧》が落ちる。安全確認後、武田は《深淵の迫害者》

カウンターがないとバレてしまった松本は、《ミミックの大桶》をプレイ。

対して、武田は《精神を刻む者、ジェイス》で松本の山札を覗き、自己の有利を確立する。

そして、満を持しての《テューンの戦僧》《光輝王の昇天》が破壊される。続いて《深淵の迫害者》でアタック。松本が放った《糾弾》《否認》され、ボード上は武田有利。

しかし、松本の《漸増爆弾》のカウンターは 2 つであり、4 で起動されれば《深淵の迫害者》《精神を刻む者、ジェイス》を同時に失うことになる。

松本、思わず「どうしてジェイスもハンデスも一枚も引かないのかね」と一言。

翌ターンの武田によるアタック。松本は《テューンの戦僧》《忍び寄るタール坑》でブロックし、《ミミックの大桶》の中に《テューンの戦僧》を。

Mimic Vat

一見、半永久的なブロッカーを確保するが、武田が擁するのは《深淵の迫害者》《忍び寄るタール坑》であるため、根本的な解決にはなっていない。

ついに《漸増爆弾》のカウンターは 4 つに。

松本は武田のアップキープにこれを起動し、《深淵の迫害者》を桶に入れる。

ライフは武田 16 松本 2。

武田は潤沢な手札から、再びの《精神を刻む者、ジェイス》《テューンの戦僧》をプレイ。2 枚の《忍び寄るタール坑》は、松本の《地盤の際》と対消滅してしまう。

松本、武田の手札枚数と墓地内容を確認し、《ミミックの大桶》から出現したコピートークンでアタック。ここで、無情にも試合時間が終了。

松本は《精神を刻む者、ジェイス》をプレイするが、カウンター合戦の結果、これは退けられる。

コピートークンを《糾弾》することでライフは 8 に戻す。

延長 1 ターン目、武田のアタックとフェッチで松本のライフは 5。

延長 2 ターン目、松本のトップはジェイス。

すぐに設置すると、2 番目の能力起動。

これで引きこんできたのは……《コジレックの審問》 3 枚。

勝ちへのプランを構築できず、松本は投了。

松本 0 - 2 武田


終了後の雑談によると、2 戦目は本来松本の勝利だった。

武田は途中、土地を置く順番を間違えており、青マナを確保できず、《ミミックの大桶》を通してしまった。

これで、松本には《漸増爆弾》による《深淵の迫害者》破壊からの、トークンビートというプランが成立してしまっていたのだ。半永久的な 6/6 飛行に対処する手段はこのデッキにはないため、松本の勝利は確定していたのである。

Tags: Report

編集