«ラウンド 2: 松本 悠希(東京) vs 武田 浩信(千.. 最新 ラウンド 3: 田部 敬太(千葉) vs 菅野 充臣(千..»

LMC Championships 2010


ラウンド 2: 三田村 和弥(千葉) vs 渡辺 雄也(神奈川)

Written by Yuya Hosokawa

ラウンド 2 にしてすばらしい対決が繰り広げられることとなった。

先にテーブルに現れたのは、昨年のプレイヤーオブザイヤ-、渡辺雄也。LMC での優勝経験があり、堂々の 1 バイ明けのスタートだ。そして遅れて席についたのは――なんとこれまたプロプレイヤー、それも渡辺と同じのレベル 8、三田村和弥。

三田村のデッキは、最近の Finals 予選で勝ち頭となっている青白コントロール。メインの《光輝王の昇天》、そしてカウンターが《マナ漏出》に加えて《冷静な反論》《剥奪》と採用されており、《原始のタイタン》を出すヴァラクートや緑単エルドラージを意識した構成になっている。

一方の渡辺はなんと《集団変身》。前日に関東で行われていた大会で 7-0-1 という好成績を残したデッキをそのままシェアしてもらったという。

レベル 8 同士による高レベルな青対決が幕を開ける。

Game 1

三田村 和弥
三田村 和弥

先手を得た渡辺は小さな声でキープを宣言。カウンターがたくさんあるものの青マナのない手札を即マリガンした三田村は、次なる 6 枚には満足の様子。

土地の並べ合いから先に行動を起こしたのは先手の渡辺。《目覚めの領域》を見せるが、三田村は《否認》でこれを拒む。

カウンターを持たない三田村は、2 枚の《森》に 1 枚の《島》という渡辺の土地を、《広がりゆく海》で逆転させる。《野生語りのガラク》を警戒しているのだろうか。

土地さえあれば《精神を刻む者、ジェイス》が出る渡辺だが土地を持っておらず、《成長の発作》で土地を伸ばすのみ。

その隙に三田村は《精神を刻む者、ジェイス》を戦場へと送り込み、即《渦まく知識》

渡辺は落ち着き払ってこれを《乱動への突入》をキッカー込みで手札へと送り返すと、再度プレイしてきたところを《マナ漏出》。なんとか被害を最小限にとどめる。

が、悩みの種はまだ戦場にあった。三田村が 3 枚コントロールする《天界の列柱》である。

小考の末、確実に破壊される運命にある《野生語りのガラク》をプレイしてトークンを生み出す。三田村は予定調和的このプレインズウォーカーを《天界の列柱》で破壊。

が、これはもちろん渡辺のプラン通り。《カルニの庭》をセットして生み出したトークンと、3/3 のビーストトークンの 2 体に、必殺の《集団変身》

《テラストドン》《エメリアの盾、イオナ》を戦場へ。《エメリアの盾、イオナ》の指定は白。《テラストドン》で破壊するパーマネントを慎重に考えた上で、3 枚の《天界の列柱》を破壊することに。

一気に厳しくなった三田村は自分の《地盤の際》《広がりゆく海》をエンチャントし、ドローを進める。まずはイオナを対処出来るカードを引かなければならない。

イオナからの重い 7 点を受けた三田村は、通常ドローで待望の《精神を刻む者、ジェイス》を手に入れる。命運を分けるこの 1 枚に――渡辺の手札からカウンターは放たれなかった。

手札に《エメリアの盾、イオナ》を送り返したジェイスを渡辺は触ることができず、《渦まく知識》を繰り返した三田村がまずは先取した。

三田村 1 - 0 渡辺


Game 2

渡辺 雄也
渡辺 雄也

ふたたび先手を得る渡辺だったが、初動は三田村だった。2 ターン目の《光輝王の昇天》である。渡辺がこれを《呪文貫き》で打ち消す。が、続けての三田村の《ジェイス・ベレレン》が通ってしまう。

土地を引けない渡辺は《目覚めの領域》をプレイするのみ。

これにより 2 ターンは落とし子トークンの生成を許す三田村だったが、、《ジェイス・ベレレン》でのドローによって《テューンの戦僧》を手に入れ、《ジェイス・ベレレン》をバウンスしようともくろむ《乱動への突入》《マナ漏出》と、完璧な対応。

更に次ターンに《審判の日》を三田村が打ち込むと、渡辺は苦い表情で 2 体の落とし子トークンを戦場から退けた。渡辺は土地が 4 枚でぴたりと止まっているのだ。

しかもこの時、渡辺は 1 枚しか森をコントロールしておらず、ろくなアクションが起こせずにいるのだ。

そこに突き刺さる三田村の《広がりゆく海》《島》ばかりが場にあふれる中、渡辺の手札に集まるのは緑のカード。

三田村のプレイした《光輝王の昇天》のカウンターが 4 つになるまで《森》を引けない渡辺は、いちるの希望を込めた《乱動への突入》がカウンターされると、《島》だらけの土地を片付けた。

三田村 2 - 0 渡辺

Tags: Report

編集