«ラウンド 3: 田部 敬太(千葉) vs 菅野 充臣(千.. 最新 ラウンド 4: 小松 智史(千葉) vs 諫山 夕介(千..»

LMC Championships 2010


ラウンド 3: 増野 良輔(茨城) vs 宮本 寛弥(千葉)

Written by Yuya Hosokawa

先ほどは《原始のタイタン》がお互いに入っていないという珍しい対決だったが、今回は《原始のタイタン》が入ったデッキ同士の対決となった。

そればかりか増野と宮本のデッキは、同じ青緑ターボエルドラージである。すさまじい先手ゲーと言われる《原始のタイタン》デッキ同士の戦い。幸運にも先手を得たのは増野だが、果たして勝負の行方やいかに。

Game 1

増野 良輔
増野 良輔

オープンハンドを即キープした増野は《水蓮のコブラ》から 3 ターン目に《精神を刻む者、ジェイス》という立ち上がり。後手で宮本が召喚した《水蓮のコブラ》をバウンスし、先手ゲーを堪能する。

だが宮本も、《水蓮のコブラ》を再度召喚しながら、《霧深い雨林》即起動で 2 マナを生み出し、《探検》で追加のセットランドを行い、2 枚目の《水蓮のコブラ》を戦場に。

ここまでお互いにブン回りなのだが、増野は更なる回りを見せる。《霧深い雨林》の 2 枚目を使い、《野生語りのガラク》をプレイ、更に土地を 2 枚アンタップし、《ムル・ダヤの巫女》を呼び出す。

続くターンで《精神隷属器》をプレイするが、宮本の手札は《全ては塵》が 2 枚、《精神を刻む者、ジェイス》《無限に廻るもの、ウラモグ》というもの。土地を寝かせるだけという寂しい終わり方になったものの、それだけでも十分《時間のねじれ》になっている。

《精神を刻む者、ジェイス》のブレインストームが 2 枚目の《精神隷属器》、更なる《精神を刻む者、ジェイス》を増野に送り込んでいくところを見ながら、宮本は自身が土地を引かないことを呪いつつ、サイドボードに手をかけた。

増野 1 - 0 宮本


Game 2

《ハリマーの深み》同士の立ち上がり。後手の増野の《探検》を宮本が《瞬間凍結》で打ち消すが、増野の《草茂る胸壁》はスルー。

そして今度は先手である宮本は、《精神を刻む者、ジェイス》をプレイして《草茂る胸壁》をバウンスする。

増野がもう一度プレイした《草茂る胸壁》を、《精神を刻む者、ジェイス》でまた手札に返すと、《ムル・ダヤの巫女》を場に出し、ライブラリートップから 2 回のセットランドを行う。

増野は 3 度目の《草茂る胸壁》プレイのみで、宮本は忠誠値が 1 しかない《精神を刻む者、ジェイス》でバウンスはもちろん行わず、渦巻く知識で手札を潤わす。

なんとか《原始のタイタン》をプレイまでこぎつけるも、戦場のパーマネントの数も質も圧倒的に宮本が上。《カルニの庭》《ハリマーの深み》をサーチし、3 枚のライブラリートップに望みを託す。

宮本はまずブレインストームを行う。更に《水蓮のコブラ》経由の 2 回のセットランドにより 11 マナをひねりだすと、《無限に廻るもの、ウラモグ》《原始のタイタン》を破壊。この一連の流れの中でちらりと見えた《乱動の精霊》に、増野はうめき声を上げた。

圧倒的不利な場から一矢報いるべく増野は《精神隷属器》をプレイし即起動。

3 枚の《原始のタイタン》《乱動の精霊》《精神を刻む者、ジェイス》《耕作》という強烈な手札がテーブルに晒された。

ここからまずはライブラリーの上の《霧深い雨林》を置き、更にめくれた《エルドラージの寺院》もセット、そして渦巻く知識によって《原始のタイタン》 2 枚がデッキへと戻り、《精神を刻む者、ジェイス》をプレイして対消滅。そして《耕作》を空打ちした。

そして増野秘密兵器の《起源の波》! X=7 から戦場には、《霧深い雨林》《森》《島》《カルニの庭》《精神を刻む者、ジェイス》《原始のタイタン》というすばらしいもの。わずかに逆転の芽があるか?

だが、宮本は落ち着き払って《乱動の精霊》をプレイ。そして《新緑の地下墓地》を駆使してライブラリーをリフレッシュさせつつ、《原始のタイタン》を奪い取る。

このシャッフルによってライブラリーから土地を手に入れた宮本は、次々と増野のクリーチャーを奪い取り、先手の権利を増野が得ることとなった。

増野 1 - 1 宮本


Game 3

宮本 寛弥
宮本 寛弥

増野は相変わらずオープンハンドを即キープするが、宮本は即座にマリガンを宣言。6 枚にも渋い表情だが仕方ないといった様子で OK のサインを出す。

《草茂る胸壁》からの増野のスタートに、《島》《エルドラージの寺院》を立てて宮本はターンを返す。

《ムル・ダヤの巫女》《野生語りのガラク》と手札に控える増野だったが、カウンターを警戒してか、《探検》をプレイし、更にマナ差を広げるにとどまる。宮本はまたも土地を置くのみ。

土地がない増野のこのドローは《水蓮のコブラ》で、意を決して《野生語りのガラク》をプレイするが、《マナ漏出》で打ち消されてしまう。

更に次ターンの《ムル・ダヤの巫女》も宮本は《瞬間凍結》で打ち消すと、《耕作》で遅れをじわじわと取り戻す。青マナを二つ立たせ、カウンターを構えているような動き。

だが増野はお構いなしに《精神隷属器》プレイ。するとこれが通るのだが、試合時間が終了してしまう。

最後のドローに期待するも、引いたのはまるで増野をあざ笑うかのような《精神隷属器》。文字通りギャラリーに嘲笑されつつ、増野は最後のターンを終えたのだった。

増野 1 - 1 宮本

Tags: Report

編集