«ラウンド 5: 吉森 奨(神奈川) vs 渡辺 竜二(千.. 最新 ラウンド 6: 吉森 奨(神奈川) vs 水野 尭(千葉..»

LMC Championships 2010


ラウンド 6: 三田村 和弥(千葉) vs 金澤 恵信(千葉)

Written by Takamasa Sato

スイスラウンドも後半戦。

1 敗ラインから、プロツアーホノルル王者にしてレベル 8 プレイヤーの三田村和弥と、前日のドラフトマイスターでもトップ 8 に残った金澤恵信の試合をお送りする。

Game 1

三田村 和弥
三田村 和弥

先手三田村。双方キープ。

金澤、軽快に《ジョラーガの樹語り》《森のレインジャー》《東屋のエルフ》でマナベースを構築。さらに《復讐蔦》を追加するが、これは《糾弾》される。

続くターン、金澤はさらに《獣相のシャーマン》を追加するが、《未達への旅》。2 体目のシャーマンも《剥奪》される。

三田村は《ギデオン・ジュラ》を投入し、2 番目の能力で《ジョラーガの樹語り》を殺す。金澤はコンバットで《ギデオン・ジュラ》を処理し、《エルフの大ドルイド》に繋ぐ。

ここで三田村は《審判の日》

金澤は 2 体の《森のレインジャー》を送り込んで、一応ビートダウンを継続。三田村は《ジェイス・ベレレン》を設置し、お互いドロー。

金澤は《背教の主導者、エズーリ》《審判の日》をケアしつつ《ラノワールのエルフ》

そこに三田村は《審判の日》。エズーリの能力で《ラノワールのエルフ》が生き延びる。

金澤、《溶鉄の尾のマスティコア》。三田村は《未達への旅》

ジェイスのドローが互いに後続を供給する。

金澤の《磁石のゴーレム》《冷静な反論》《ジョラーガの樹語り》《マナ漏出》され、ついに金澤が息切れ。

ようやく三田村はジェイスを自分に使い始め、盤石の構え。細かなクリーチャーは許し、《磁石のゴーレム》だけをカウンターする。

三田村が《光輝王の昇天》にたどりつくと、三田村の手札が潤沢であることを悟り、金澤、投了。

三田村 1 - 0 金澤


サイドボード

金澤は 2 枚の《酸のスライム》《溶鉄の尾のマスティコア》を追加し、《狼茨の精霊》《エルドラージの碑》の枚数を調整。

三田村は《否認》《広がりゆく海》《ジェイス・ベレレン》《光輝王の昇天》などコントロールメタのカードを抜き、《前兆の壁》《存在の破棄》《未達への旅》《悪斬の天使》など、クリーチャーデッキに対応できるカードを追加。

Game 2

先手金澤。金澤は 7 枚でキープ。三田村 1 マリガン。

金澤、《ジョラーガの樹語り》《森のレインジャー》からの、《磁石のゴーレム》。これはさすがに《マナ漏出》され、《東屋のエルフ》だけが通る。

三田村、ゲームをスローダウンさせるべく、《前兆の壁》をプレイ。引きこんできた《島》をセットして《呪文貫き》の構え。

金澤、《エルドラージの碑》を設置。これはカウンターされず、手札を使いきって殴りきるプラン。

次のターン。

金澤の《東屋のエルフ》プレイに対し、三田村は少し考える。計算の結果、これを打ち消すことに。さらにメインで《存在の破棄》《エルドラージの碑》に撃ち、エルフを地上に落とす。

こうなると金澤は引いたカードを連打するしかない。《ラノワールのエルフ》《森のレインジャー》と連打し、《エルフの大ドルイド》も追加。総アタックで三田村のライフは 3。

三田村、《審判の日》が欲しいところだが引けず、そのまま撲殺。

三田村 1 - 1 金澤


Game 3

金澤 恵信
金澤 恵信

先手三田村。双方ノーマリガン。

金澤、《ジョラーガの樹語り》から《獣相のシャーマン》をプレイするが、これは《マナ漏出》される。続く《復讐蔦》《糾弾》

苦しい金澤だが、ここで三田村の土地が 3 枚で止まる。

金澤の《エルフの大ドルイド》《冷静な反論》すると、続くターンでは連続で土地を引き込む。三田村、5 マナをフルタップで《ギデオン・ジュラ》をプレイ。

しかし、返しのターン金澤の場に《溶鉄の尾のマスティコア》が降臨。

金澤は帰ってきたターンに《エルドラージの碑》。これを三田村は 2 枚の《マナ漏出》で退ける。これにより、マスティコアの再生マナがなくなる。返しのターンに、三田村は《ギデオン・ジュラ》でタップ状態のマスティコアを破壊。

金澤は引きこんだ《ラノワールのエルフ》《森のレインジャー》をプレイし、《復讐蔦》が復活。

次のターンにも《復讐蔦》を引き込み、プレイ。これは《剥奪》されるが、この間に繰り返されたアタックで、三田村のライフは 2。

その後、金澤の唱えた 2 枚目の《エルドラージの碑》はうち消したものの、次のターン、金澤が温存していた《背教の主導者、エズーリ》《エルフの大ドルイド》を唱え、帰ってきた《復讐蔦》 2 体でアタック。

三田村の手には何もなく。

三田村 1 - 2 金澤

Tags: Report

編集