«ラウンド 6: 吉森 奨(神奈川) vs 水野 尭(千葉.. 最新 サイドイベント: 真木 孝一郎(黒青ビート) vs 松本..»

LMC Championships 2010


ラウンド 7: 諫山 夕介(千葉) vs 渡辺 竜二(千葉)

Written by Yuya Hosokawa

ここでは、すでに 6-0 でほぼトップ 8 進出を決めている渡辺と、負ければ大きくトップ 8 が遠のいてしまう 5-1 の諫山のマッチをお届けしたい。

諫山 夕介
諫山 夕介

渡辺の使用する青白は、第 2 ラウンドで三田村和弥(千葉)が使用していた青白に比較的近い構成で、多めのカウンターと、メイン《光輝王の昇天》のタイプである。

諫山のデッキは赤緑ヴァラクートだが、特徴的なのは《水蓮のコブラ》が入っている点である。ヴァラクートでは本来不可能な 3 ターン目《原始のタイタン》も可能で、安定した 4 ターン目の《原始のタイタン》を目指しているのだろう。

ヴァラクート対青白、この環境を代表する二つのデッキが火花を散らす。

Game 1

諫山が先攻 2 ターン目の《カルニの心臓の探検》で口火を切る。続く《水蓮のコブラ》《マナ漏出》でカウンターされてしまうと、マナブーストが手札から尽きてしまった諫山だったが、《カルニの心臓の探検》によって得た 2 枚の土地で、5 ターン目には《ゼンディカーの報復者》召喚にこぎ着ける。

だが渡辺は《マナ漏出》を持っており、続く《原始のタイタン》《取り消し》

渡辺が設置した《光輝王の昇天》が 4 つになるまで、諫山はただ土地を並べることしかできなかった。

諫山 0 - 1 渡辺


Game 2

渡辺 竜二
渡辺 竜二

ふたたび先手の諫山は、《カルニの心臓の探検》を 2、3 ターン目に連続でプレイするのだが、2 枚目は《マナ漏出》でカウンターされる。

この後 2 枚の《探検》でドローを進める諫山だったが、通常セットランドを行うだけしか土地を持っておらず、思うようにマナを伸ばせない。

《耕作》をプレイするとこれが通り、エンド前に《カルニの心臓の探検》を起動して 2 回の《不屈の自然》を経由すると、《ゼンディカーの報復者》を 2 ターンにわたって連続召喚。が、《瞬間凍結》《冷静な反論》と立て続けにカウンターされてしまう。

渡辺の手札も徐々に減りつつあるのだが、ここで《ジェイス・ベレレン》をプレイしたことにより、安心して《槌のコス》にも《瞬間凍結》

この《ジェイス・ベレレン》が 3 枚のドローを渡辺に供給すると、バトンタッチで今度は《精神を刻む者、ジェイス》が現れる。

結局このジェイスリレーによって渡辺の手札はなくなることはなく、《光輝王の昇天》に打ち込んだ 2 枚の《帰化》《払拭》 2 連打によって打ち消されると、トークンが戦場に出る前に諫山は土地を片付けた。

諫山 0 - 2 渡辺

Tags: Report

編集