«ラウンド 7: 諫山 夕介(千葉) vs 渡辺 竜二(千.. 最新 ラウンド 8: 高田 綾(東京) vs 笹本 木綿子(東..»

LMC Championships 2010


サイドイベント: 真木 孝一郎(黒青ビート) vs 松本 悠希(緑青毒)

Written by Takamasa Sato

イベントの様子を見に来た WotC の真木孝一郎さんが、サイドイベントのドラフト(非公認)に参加中だという。

しかも一回戦を勝っている! ということで、筆者の趣味で恐縮だが急遽 2 回戦、松本悠希との試合をお伝えする。

Game 1

対戦風景

先手松本。双方キープ。

松本、《地平線の呪文爆弾》《胆液爪のマイア》《パラジウムのマイア》。しかし、色は緑青。果たして「毒」なのか?

対する真木は《浸透のレンズ》を設置しつつ 2 体の《屍気を飛ばすもの》でビート。順調にいけば、4 ターン後には殴りきれるはず。

松本、コンバットで毒カウンターを乗せたうえで、《容赦無い潮流》をプレイ。これによって松本のデッキが「増殖毒死」を狙うものと判明した。

松本はさらに《選別の高座》《地平線の呪文爆弾》《銅のマイア》と連打して、あっという間に毒カウンターは 6 個。

真木も《水膨れ地掘り》を戦線に追加してアタック。残りライフ 9 まで追い詰める。

松本、《ゴーレムの鋳造所》をプレイして、毒は 7 つ。《選別の高座》を使って 4 ドローするが、後続は引けず。

ワンチャンス残った真木は、ドローに賭ける。

このドローが《決断の手綱》。松本から《容赦無い潮流》を奪い取って延命に成功。

苦しい表情の松本がトップをめくると、そこには《化膿獣》が!

真木 0 - 1 松本


サイドボード

サイド中に真木のデッキを覗きこむと、そこには各 3 枚の《屍気を飛ばすもの》《肉体アレルギー》、さらに《闇滑りのドレイク》を擁する強力な飛行ビート。

対する松本のデッキは、感染生物はわずかだが、《容赦無い潮流》《かき鳴らし鳥》をはじめとして大量の増殖カードが含まれている。

Game 2

先手真木。双方キープ。

真木、2 ターン目に《危険なマイア》。松本の動きはかなり阻害されるが、《屍百足》をプレイ。

真木、3 ターン目にビートしつつ、《屍気を飛ばすもの》。毒が早いか、ライフが早いかのレースになってきた。

松本、《銅のマイア》をプレイして、マナ加速。対する真木は《ニューロックの透術士》を追加してさらにクロックを早める。

返しのターン、松本は《腐食獣》をプレイ。しかし、真木も《闇滑りのドレイク》を出し、飛行ビートを継続する。

次のターンで殴り切られそうな松本は少し考えてから《粗石の魔道士》《飛行の呪文爆弾》を設置して、ブロック体制を整える。さらに、《風の突き刺し》が、真木の戦線から《屍気を飛ばすもの》を奪い去る。

真木は《感染の賦活》《銅のマイア》を処理。《ニューロックの透術士》でビートして、確実な勝利を目指す。

松本、《謎鍛冶》設置から《胆液爪のマイア》で手札を整え、《屍百足》で攻撃。場が膠着し、真木の《ニューロックの透術士》だけがビートを刻む。

真木が引きこんだ《決断の手綱》《腐食獣》を奪い取ると、松本になすすべはなく。

真木 1 - 1 松本


Game 3

先手松本は 7 枚でキープ。真木はマリガンを選択。

Necrogen Scudder

真木、次の 6 枚に《屍気を飛ばすもの》が存在したのを見て、その瞬間にキープと叫ぶ。

松本、2 ターン目《胆液爪のマイア》、3 ターン目《屍百足》《ヴィダルケンのセルターチ》とブン回り。

ここで、真木は悩むが、如何ともしがたい。《屍気を飛ばすもの》をプレイしてターンエンド。

4 ターン目。松本は《謎鍛冶》から《地平線の呪文爆弾》で、引き増すと同時に金属術を達成。そのまま《屍気を飛ばすもの》をタップさせ、毒ビートを開始。

このままだと死んでしまう真木は、《屍気を飛ばすもの》アタックから《肉体アレルギー》《胆液爪のマイア》を除去。ライフも削る。

松本はビートを継続したいが、真木は残った感染クリーチャーである《屍百足》《感染の賦活》

次のターン、松本は方針転換。《謎鍛冶》、セルターチ、マイアによる通常アタック後に《腐食獣》。真木の出した《空長魚の群れ》《風の突き刺し》で処理する。

さらに引きこんだ後続は《嚢胞抱え》。毒もライフも、どちらも削り切る勢いだ。

必死の真木は《ソリトン》を出し、少しでもダメージを防ごうとする。

しかし、松本はトップから《粗石の魔道士》を引き込み、《飛行の呪文爆弾》。空飛ぶ《腐食獣》が、真木を殴り殺した。

真木 1 - 2 松本

Tags: Report

編集