«ラウンド 8: 高田 綾(東京) vs 笹本 木綿子(東.. 最新 Top 8 Decks»

LMC Championships 2010


ラウンド 8: 鈴木 大輝(千葉) vs 春日 亮佑(千葉)

Written by Yuya Hosokawa

このラウンドでも、下当たりをしたことによって ID が出来なくなってしまったプレイヤーがいる。その名は鈴木大輝。緑単エルフを使ってここまで 6-1。もちろん今日もずっと使い続けていたエルフデッキを携えている。

対する春日はここまで 5 勝 2 敗。勝利すればワンチャンストップ 8 の可能性があるという位置にいる彼が相棒としているのは、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》――もとい、《原始のタイタン》だ。

鈴木曰く厳しいマッチということだが、そこはエルフ使いの鈴木。立ちはだかる巨人を退け、トップ 8 への道を切り開くことができるか――

Game 1

鈴木 大輝
鈴木 大輝

《ジョラーガの樹語り》をレベルアップさせて《獣相のシャーマン》、3 ターン目には《獣相のシャーマン》《復讐蔦》を捨てて《磁石のゴーレム》プレイという、エルフらしいブン回り。

春日は実はここまで置いているのはすべて《山》。鈴木が《復讐蔦》を次のターンに墓地から場に戻すと、春日はドローすると同時に、ライブラリーと手札を混ぜ合わせた。

鈴木 1 - 0 春日


Game 2

《怒り狂う山峡》タップインからスタートと、今回は緑マナの心配ない手札をキープした春日。《東屋のエルフ》《背教の主導者、エズーリ》と順調な展開をする鈴木の軍勢を、《砕土》経由からの《紅蓮地獄》でなぎ払う。

2 枚目の《背教の主導者、エズーリ》《稲妻》で除去した時には、すでに《原始のタイタン》を引いていた春日。

もちろん 6 枚目の土地も持っていた春日は《原始のタイタン》をプレイ。

たったそれだけのことで春日はゲームに勝利してしまったのだ。恐るべきヴァラクート。

鈴木 1 - 1 春日


Game 3

春日 亮佑
春日 亮佑

《東屋のエルフ》からスタートした鈴木は、3 ターン目に《磁石のゴーレム》をプレイするも、即《稲妻》が打ち込まれる。

続けて鈴木は《酸のスライム》で春日の 1 枚しかない《山》を攻めこむも、春日はその《山》を生け贄に捧げて《砕土》を打つ。

ここまでのドローで《原始のタイタン》を 2 枚ドローし、都合 3 枚の《原始のタイタン》を持っている春日だったが、なんと土地を引いていなかった。更に 2 枚目の《酸のスライム》《森》を破壊されてしまう。

だがまずはクロックを《紅蓮地獄》で一掃すると、《森のレインジャー》《東屋のエルフ》と並べてきた鈴木のエルフを、2 回目の《紅蓮地獄》で燃やし尽くす。そしてドローした《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》をセット。

鈴木も《磁石のゴーレム》《背教の主導者、エズーリ》と引いてみせるも、土地をしっかりと 2 枚ドローしていた春日は、ついに 3 枚ある《原始のタイタン》に手を伸ばしたのだった。

鈴木 1 - 2 春日

Tags: Report

編集