«Top 8 Profiles 最新 準々決勝: 有田 隆一(千葉) vs 上岡 義寛(千葉)..»

LMC Championships 2010


準々決勝: 萩原 紀幸(千葉) vs 春日 亮佑(千葉)

Written by Takamasa Sato

長い長いスイスラウンドを抜けて、勝ち残った 8 人。

萩原プロは決勝に進めば、ポイントレースで小松智史(千葉)を抜き、本年度のミスター LMC が確定する。逆にいえばここを勝ち上がらない限り、ミスターの座は手に入らない。

ベスト 8 に残ったたった二人のヴァラクート使い。どちらが潰れ、どちらが残るのか?

Game 1

萩原 紀幸
萩原 紀幸

ミラーマッチにおいては最重要であるダイスロールは、春日が勝利。互いにマリガンなし。

春日の初手は《耕作》《砕土》《召喚の罠》と土地 4 枚。萩原の初手は《カルニの心臓の探検》《原始のタイタン》《業火のタイタン》土地 4 枚。

後手 2 ターン目、萩原の《カルニの心臓の探検》からゲームスタート。

3 ターン目、春日は《耕作》をプレイ。《森》を手札に。これで 4 マナ。萩原も遅れず《耕作》から 4 マナに到達。《カルニの心臓の探検》のカウンターも 2 つになる。

4 ターン目、春日は少し考える。

手札には《砕土》《耕作》《原始のタイタン》《召喚の罠》土地が 3 枚。場には《怒り狂う山峡》を含む、4 枚の土地。

春日は《耕作》を選択。セットランドを含めて、6 マナに到達してターンエンド。

萩原もまた、ここが勝負の分かれ目であることを知っている。

セットランドで《カルニの心臓の探検》のカウンターを 3 つにし、土地 5 枚。《草茂る胸壁》を置いてエンド。

5 ターン目、春日が先に《原始のタイタン》《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 2 枚をサーチし、手札から《広漠なる変幻地》。場に《山》は 4 枚あり、ヴァラクートの条件達成まであと 1 枚。

萩原、春日のエンドに《稲妻》 2 枚を本体へ。自らのメインで《原始のタイタン》をプレイし、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 2 枚を設置。《カルニの心臓の探検》から《山》を引っ張り、春日の《原始のタイタン》を焼くとともに、本体に 6 点。これで、春日のライフはわずか 8 点。

春日、萩原のエンドに《広漠なる変幻地》を起動。《森》をサーチする。

運命の第 6 ターン。

春日のドローは《山》。手札には《砕土》《召喚の罠》《草茂る胸壁》と、《山》 3 枚。

春日は《山》をセットしてヴァラクートの条件を満たしたうえで、《召喚の罠》

祈るように 1 枚ずつめくると《原始のタイタン》

タイタンによる《山》 2 枚のサーチと、《砕土》からの 2 枚で、本体に 24 点。

萩原 0 - 1 春日


サイドボード

萩原は《稲妻》 4 枚を《裏切りの本能》 4 枚に。タイタンを奪って殴るプラン。

春日はもともと同型対策をメインでとっているため、変更なし。

Game 2

春日 亮佑
春日 亮佑

萩原先手。春日は土地 4 枚と《草茂る胸壁》《耕作》《ゼンディカーの報復者》

萩原もまた、《草茂る胸壁》《耕作》2 枚、《裏切りの本能》と土地 3 枚のハンドをキープ。

2 ターン目、互いに《草茂る胸壁》を並べあう。

3 ターン目、萩原は《耕作》。壁と合わせて 5 マナに到達する。春日も《耕作》して 5 マナに。

ここまでは、まさにミラーマッチ。場も全く同じである。

差が出たのは、次のターンである 4 ターン目。

萩原は「(決め手になるカードを)引かないっすわー」と、《耕作》をプレイするのみ。7 マナまで伸ばしてエンド。春日は《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》をセット。

5 ターン目。

萩原、《草茂る胸壁》を並べるのみ。返しで春日は《ゼンディカーの報復者》。トークン 6 体。

6 ターン目。

引いたカードが土地であったため、萩原はため息。《ゼンディカーの報復者》《裏切りの本能》しても無駄。状況打開の方策を探るが見当たらず、そのままエンド。

対する春日は《カルニの心臓の探検》をプレイ。《進化する未開地》をセットして植物トークンを 1/2 とすると、萩原に全員突撃。《進化する未開地》起動と《砕土》で全てのトークンが +3/+3。

萩原圧死。

萩原 0 - 2 春日


2 戦目。

萩原としては春日が《原始のタイタン》をプレイしているか、自分が《原始のタイタン》を引けていれば勝てていた。春日の引きも含めて、完全なドロー勝負だったと言える。

この時点で、小松智史が 2010 年度ミスター LMC を戴冠した!

Tags: Report

編集