«準々決勝: 萩原 紀幸(千葉) vs 春日 亮佑(千葉) 最新 準々決勝: 吉森 奨(神奈川) vs 菅野 充臣(千葉)»

LMC Championships 2010


準々決勝: 有田 隆一(千葉) vs 上岡 義寛(千葉)

Written by Yuya Hosokawa

予選ラウンドを土つかずの 6-0-2 で突破した有田は、デッキに自信ありと、大会が始まる前に筆者に語っている。どんなものかと見てみると、オリジナルの青白タッチ黒コントロールだった。

基本は青白二色のコントロールに、《強迫》《記憶殺し》がタッチされており、青白とヴァラクートデッキを強く意識してこの構成となったようだ。

一方の上岡のデッキは青緑黒サバイバルデッキだ。《獣相のシャーマン》《復讐蔦》のセットに《野生語りのガラク》《精神を刻む者、ジェイス》と言ったパワーカードを詰め込んだ、ジャンクのようなデッキである。

有田はこのマッチについて「負けるで」と一言。果たしてその言葉通りになってしまうのだろうか。。

Game 1

有田 隆一
有田 隆一

お互いに一ターン目は《忍び寄るタール坑》という珍しい立ち上がり。先手の上岡が、《森》から《極楽鳥》を繰り出す。《獣相のシャーマン》を次のターンにプレイするも、有田は力強く《マナ漏出》を打ち込む。

上岡は青マナが二つ立っている有田に、今度は《野生語りのガラク》をプレイする。するとこれが通り、ビーストトークンが戦場へ。

それなら俺もプレインズウォーカーを、と《ジェイス・ベレレン》を有田は出し、白マナを立てつつターンを返す。このジェイスは、《忍び寄るタール坑》とビーストトークンのアタックですぐに墓地に忠誠から放たれてしまうが、《糾弾》《忍び寄るタール坑》をライブラリーに送った。

トークンが増えるも、有田は気にせず《忍び寄るタール坑》《野生語りのガラク》を戦場から退けると、今度は《精神を刻む者、ジェイス》をプレイする上岡。ブレインストームをしてターンエンド。有田は先ほどとまったく同じアクションで、ジェイスを破壊する。

そして 2 体のトークンのうち 1 体に糾弾を打ち込むと、上岡のアクションが完全に止まる。そこに打ち込まれる《強迫》

《メムナイト》《吸血鬼の呪詛術士》《破滅の刃》という悲しい手札から、《破滅の刃》を抜き、安心して《前兆の壁》《光輝王の昇天》と有田は並べる。

が、なんとここでの上岡のトップデッキが《精神を刻む者、ジェイス》。今度は先ほどの反省を生かして +2 能力を使用する。

二度の《忍び寄るタール坑》によるアタックを受けてジェイスはまたしても除去られてしまうも、ブレインストームによって《溶鉄の尾のマスティコア》を手に入れた上岡は、祈るような面持ちでこれをプレイ。

《神の怒り》ならともかく有田が持っているのは《審判の日》《溶鉄の尾のマスティコア》を除去することができないことを悟った有田は、嘆息とともに土地を片付けた。

有田 0 - 1 上岡


Game 2

上岡 義寛
上岡 義寛

《忍び寄るタール坑》でまたも幕を開けたゲームだったが、上岡は《森》から《極楽鳥》というブン回りを予感させる初動。

有田は今引いたばかりの《前兆の壁》をプレイするも、上岡の《強迫》によって、ゲームプランが大きく崩れた。

公開された手札は《糾弾》《未達への旅》《湿地の干潟》《取り消し》《精神を刻む者、ジェイス》、島というもの。ここから《未達への旅》を抜くと、《獣相のシャーマン》を場に追加した、

そして《島》をおかれてターンが返ってきたことで、《取り消し》を有田が構えていることが公開情報なため、上岡は《忍び寄るタール坑》タップインでターンを返した。

有田はセットランドをすると、ノータイムで《精神を刻む者、ジェイス》をプレイ。そしてダイスを置くと同時にカードを 3 枚引いた。慎重に戻すカードを選び、《強迫》をケアするために《審判の日》をトップに有田は置いた。《獣相のシャーマン》によって《溶鉄の尾のマスティコア》が墓地へ落ち、手札には《復讐蔦》が加わった。

そしてメインフェイズでもう一度《獣相のシャーマン》を起動し、《復讐蔦》《吸血鬼の呪詛術士》が入れ替わった。《吸血鬼の呪詛術士》《精神を刻む者、ジェイス》と相討ちになる。

トップに積んであった《審判の日》が上岡の軍勢をすべて片付けるも、上岡の攻め手は尽きず、《野生語りのガラク》からトークンが生成される。

この《野生語りのガラク》《忍び寄るタール坑》で対処した有田だったが、今度は対処出来ない《墓所のタイタン》を上岡は戦場へ送り込む。

サイドボーディングで《審判の日》を減らしてしまった有田は、この《墓所のタイタン》が対処できない。

《糾弾》《墓所のタイタン》は除去するも、戦場に残ったトークン 4 体は、有田の残り少ないライフをすべて削り切った。

有田 0 - 2 上岡

Tags: Report

編集