«準々決勝: 吉森 奨(神奈川) vs 菅野 充臣(千葉) 最新 準決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 上岡 義寛(千葉)»

LMC Championships 2010


準決勝: 鈴木 大輝(千葉) vs 吉森 奨(神奈川)

Written by Takamasa Sato

Game 1

対戦風景

先手、吉森。カウンター 3 枚と《精神を刻む者、ジェイス》、タップイン土地 3 枚の手札を迷った末マリガン。終了後に尋ねたところ、初動が 3 ターン目で、除去も無く、かつ軽いカウンターが《剥奪》だということを考えての事だと言う。

新たに引いた 6 枚は、《未達への旅》《審判の日》 2 枚、《太陽のタイタン》と土地 2 枚。

鈴木は《ラノワールのエルフ》《獣相のシャーマン》《野生語りのガラク》《エルドラージの碑》《地盤の際》《森》 3 枚のハンドをキープ。

鈴木の《ジョラーガの樹語り》を、吉森が《未達への旅》してゲームスタート。

しかし、吉森の土地が 2 枚で止まり、鈴木の《獣相のシャーマン》が通ってしまう。鈴木は《ラノワールのエルフ》も追加。マナを伸ばす。

続く第 4 ターンも、吉森は土地を引けない。そして、鈴木の《磁石のゴーレム》が通ってしまう。

吉森、第 5 ターンにも土地を引けず、鈴木の《獣相のシャーマン》《磁石のゴーレム》を連れてくる。

ゴーレム 2 枚による完全なロックが決まり、吉森投了。

鈴木 1 - 0 吉森


サイドボード

鈴木は《エルフの大ドルイド》 4 枚を抜き、2 枚の《カビのシャンブラー》《背教の主導者、エズーリ》《野生語りのガラク》を追加。

ギデオンへの対応策を増やすとともに、全体除去への耐性をつける。

吉森は《呪文貫き》 2 枚、《広がりゆく海》《精神を刻む者、ジェイス》を抜き、《瞬間凍結》 2 枚、《糾弾》《審判の日》を追加。

除去を増やすことで少しでもエルフの速度に対応したい。

Game 2

先手の吉森。《前兆の壁》《ジェイス・ベレレン》《精神を刻む者、ジェイス》《マナ漏出》と土地 4 枚のハンドをキープ。

鈴木も 2 枚のマナクリーチャーと 2 枚の《野生語りのガラク》を含むブン回れるハンドをキープ。

鈴木は 1 ターン目、《ジョラーガの樹語り》から 2 ターン目《獣相のシャーマン》。吉森は 2 ターン目に《前兆の壁》を設置し、3 ターン目に《ジェイス・ベレレン》をプレイして、自分だけドロー。

鈴木、後手 3 ターン目に吉森の土地が全てタップされているため、安心して《野生語りのガラク》。トークンを出してエンド。

吉森、自分のターンにジェイスでドローするが、きつそうな表情。何もせずに終わる。

鈴木、吉森のエンドに《獣相のシャーマン》から《復讐蔦》をサーチ。自らのメインに《復讐蔦》を捨てて《復讐蔦》サーチという、定番の流れ。

Vengevine

鈴木、そのまま《野生語りのガラク》の 1 番目の能力と合わせて、《復讐蔦》をプレイ。《東屋のエルフ》をプレイして、《復讐蔦》を戦場に戻す。

吉森、《東屋のエルフ》《マナ漏出》で打ち消す。鈴木、ビーストトークンと《復讐蔦》でジェイスにアタック。ジェイスが墓地に送られる。

さらに鈴木は《地盤の際》《セジーリの隠れ家》を破壊して、吉森の土地を 3 枚に縛る。《ギデオン・ジュラ》《滞留者ヴェンセール》をケアしてのプレイだ。

翌ターン、吉森が置けたのはタップインの《天界の列柱》。手札の《審判の日》《精神を刻む者、ジェイス》もプレイできずに終わる。

鈴木は全クリーチャーでアタックして 10 点。《野生語りのガラク》の忠誠値を 4 にする。

吉森は返しにようやく《審判の日》

しかし、次のターンには鈴木が《狼茨の精霊》でトークンを 2 体出し、戦線を作りなおす。

苦しい吉森は《精神を刻む者、ジェイス》で対抗策を探る。2 マナを立ててターンエンド。

鈴木、自分のアップキープに《地盤の際》で吉森の立っている土地を破壊し、メインで《野生語りのガラク》の 3 番目の能力を起動。

吉森を壁ごと踏み荒らした。

鈴木 2 - 0 吉森

Tags: Report

編集