«準決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 上岡 義寛(千葉) 最新 2010 年度ミスター LMC 小松 智史»

LMC Championships 2010


決勝: 鈴木 大輝(千葉) vs 春日 亮佑(千葉)

Written by Takamasa Sato

青白コントロールをふたつ倒して決勝に上がってきた鈴木と、ヴァラクート・青黒緑サバイバルを倒して決勝に上がってきた春日。

予選ラウンドでは春日の勝利に終わったマッチアップだが、鈴木はリベンジを果たすことができるだろうか?

Game 1

春日 亮佑
春日 亮佑

ダイスロールの結果、春日が先手。

春日は 1 マリガン後、土地 4 枚に《砕土》《原始のタイタン》の 6 枚をキープ。鈴木は《ラノワールのエルフ》《エルフの大ドルイド》《復讐蔦》《エルドラージの碑》《地盤の際》《森》 2 枚のハンドをキープ。

鈴木、1 ターン目に《ラノワールのエルフ》、2 ターン目に《エルフの大ドルイド》

春日は 3 ターン目に《砕土》し、ようやく土地を 4 枚に伸ばす。鈴木は返しに《森のレインジャー》。さらに《獣相のシャーマン》をプレイして、《エルフの大ドルイド》から《野生語りのガラク》。ガラクの 1 番目の能力を起動し、次のターン《踏み荒らし》の構え。

春日の 4 ターン目。《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》をセットするのみ。

鈴木、後手 4 ターン目に《復讐蔦》を追加して、《野生語りのガラク》の三番目の能力を起動。

華麗なる 4 ターンキル。

鈴木 1 - 0 春日


サイドボード

鈴木は《圧倒する暴走》《背教の主導者、エズーリ》《野生語りのガラク》を追加し、《溶鉄の尾のマスティコア》《獣相のシャーマン》《狼茨の精霊》を抜く。

少しでも除去を防ぐとともに、ブン回りの確率を高める。

春日はサイドから 4 枚の《稲妻》《紅蓮地獄》、2 枚の《漸増爆弾》の 10 枚を投入。《召喚の罠》 3 枚、《カルニの心臓の探検》《槌のコス》《ゼンディカーの報復者》の枚数を調整する。

サイドボード後は《紅蓮地獄》があるため、ヴァラクートが圧倒的有利のマッチアップと言える。

Game 2

鈴木 大輝
鈴木 大輝

先手は春日。

赤マナ 2 枚だが、《稲妻》《漸増爆弾》と除去のあるハンドをキープ。

鈴木は 1 マリガンして 2 枚の《ジョラーガの樹語り》《復讐蔦》《エルドラージの碑》という爆発力の高いハンドをキープ。

鈴木、1 ターン目に《ジョラーガの樹語り》。春日は 2 ターン目に《漸増爆弾》を設置。鈴木の手札的にはこれがまずい。

3 ターン目、春日は土地が赤マナ 2 枚で止まってしまう。

鈴木はこれに大喜び。《復讐蔦》をプレイしてアタック。春日はこれに《稲妻》

しかし、鈴木が《ジョラーガの樹語り》をプレイすることで、《復讐蔦》が復活する。

4 ターン目、春日が引いた土地は《山》。緑マナが引けない。

5 ターン目、鈴木は《復讐蔦》でアタック。《漸増爆弾》が 1 で起動し、《ジョラーガの樹語り》 2 体が墓地に。鈴木は追加で《ジョラーガの樹語り》を出し、レベルアップ。

6 ターン目、春日は《山》をセットするのみ。鈴木は返しで《圧倒する暴走》。春日の残りライフは 2。

7 ターン目、春日のドローは《広漠なる変幻地》だったが、時すでに遅し。

鈴木は《エルドラージの碑》を握ったまま、《復讐蔦》で殴りきってスイスラウンドのリベンジを果たした。

鈴木 2 - 0 春日


2010 年 LMCC 王者は、鈴木大輝!

Tags: Report

編集