«決勝: 鈴木 大輝(千葉) vs 春日 亮佑(千葉) 最新

LMC Championships 2010


2010 年度ミスター LMC 小松 智史

Written by Takeshi Miyasaka

2010 年度ミスター LMC 小松 智史

「ミスター LMC」というタイトルは、そのシーズンを代表するプレイヤーのためにあるタイトルである。今シーズンの LMC を語るに当たって避けて通れない男は、シーズン最終戦、Championship のプレイオフを観客の一人と観戦し、試合結果を受けて自分が三代目ミスター LMC の座に就いたことを知った。

三代目ミスター LMC を襲名したのは、小松 智史(千葉)。

対外的には「Finals 2009 準優勝」ってことになるのだろうが、それは 2010 シーズンのポイントレースが始まったさなかの出来事であり、小松をよく知る友人たちにとっては「でも最後負けてるしな」と返されてしまう程度のできごとであったように思う。この時点でまだ小松は高校生だったから、世間では耳目を集めたそうだ。

小松 「兄から薦められて、ネメシスから始めたから…… 10 年くらいですか? 小学生の頃から LMC に出てましたね」

小松は LMC では古株である。初代・増野 良輔(茨城)、二代目・田部 敬太(千葉)や、彼らの友人たちよりもずっと古くから LMC に参加していた最古参の部類である。中学生の頃は部活が忙しくてほとんど顔を出せていなかったが、高校生になってから、また「常連」として帰ってきた。

小松 「LMC でマジックをするのが楽しかったんですよ」

増野、田部の後を追うかのように、小松も 2010 シーズンが始まった昨年秋から年末にかけてポイントレースを独走し、ポイントレースの最上段を定位置とした。十分なリードを築いたかと思うと、春先にはとんと勝ちから遠ざかる、といったところも歴代のミスターたちとうり二つであった。

小松 「初めの頃にけっこうポイントを稼げていたので、少しは(ミスターを)意識してましたね」

小松がレースで失速したこと、暫定 2 位につけていた三原槙仁(千葉)が仕事の都合でしばらく日本を離れてしまうこと、といった要素もあって、小松のことをかわいがっている若手メンバーは「小松には勝たせないぜ」とやる気を出して、終盤ポイントレースを盛り上げてくれたことは記しておこう。おかげで、最終戦、プレイオフまで結果がもつれ込んだのだから。

小松 「基本的に毎週参加してます。千葉、蘇我、代々木、どこでも」

小松の勝因は、ポイントレースの結果から見て取れる。昨年の田部は文字通り「圧倒的」であったが、今年の小松はこつこつ稼いだ勝利と言えよう。参加し、プレイオフに進み、決勝まで勝ち上がったことで重ねたリードが最後まで効いた。会場に行けばいたのが小松であり、だからこそ今年のミスターの座を射止めたということだろう。

小松 「得意なアーキタイプですか? 特にありませんけど……有田(隆一)さんにいろいろ教えてもらってます」

小松にとって大先輩、というよりは「歳の離れた友人」とでも言うべき、有田や三田村 和弥(千葉)といったプロツアーも知る大人たちが、小松のことをかわいがっている。彼らを通じて、小松自身の成績を通じて、彼らの友人たちもまた、小松のことを気にしてくれている、という。

小松 「マジック自体がおもしろいのと……マジックで知りあった友人関係がたまらないですね」

まるで「茶番」だ、と小松は言う。そして「だから、プレイ中が楽しい場所だ」と付け加えた。小松にとって、LMC は友人との遊び場であり、社交場。同年代はもちろん、歳の離れた友人をも産んでくれる大切なコミュニティだった。

小松 「LMC は千葉でいちばん……いや、全国でも指折りの楽しいコミュニティだと思います。主催者のみやけんさんはもちろん、参加者みんながそういう気持ちでいるからっていうか。もちろんぼくもその一員として楽しみながらがんばってます。このカバレージで LMC を知った人たちが遊びに来てくれたら嬉しいですね」

おめでとう、2010 年度ミスター LMC 小松 智史!

Tags: Feature

編集